zio

(仮面ライダージオウ) 動画//26話無料pandora/daily/kissasianデイリーモーション

(仮面ライダージオウ) 動画26話無料pandora/daily/kissasianデイリーモーション

見れない時は

2019年3月10日9時からテレビ朝日系列で『仮面ライダージオウの動画第26話(03/09)』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(ジオウ/動画/26話まで全話フルに無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウの26話動画/無料
 

 

仮面ライダージオウ動画26話/番組内容

EP26『ゲイツリバイブ!2019』…全てのアナザーライダーの力を取り込もうとし、ソウゴを狙う飛流とは何者なのか?ツクヨミは過去へ飛び、飛流がソウゴと共にバス事故に遭遇していたことを掴む。飛流の家族の命を奪った原因となったのがソウゴだった!ソウゴと対峙した飛流は、ついにソウゴを狙う理由を明らかに。飛流は、バスで、ソウゴの名前を呼びながら銃の引き金を引いた“白い服の女”がいたことも覚えていると言い放ちー!

 

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ&白ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
アナザージオウ/加古川飛流(かこがわ・ひりゅう):佐久間悠

 

仮面ライダージオウの動画26話/ネタバレ感想

 

仮面ライダージオウIIは第22話から登場した仮面ライダージオウの強化形態で中盤で獲得する所謂「中間フォーム」と呼ばれる強化形態にあたります。黒ウォズから渡されたジオウライドウォッチ2によって本来ならオーマジオウに変身すると思われましたが、それだけでは作動せず、鏡の世界ミラーワールドのソウゴこと自分の醜い部分を受け入れる決意をした常盤ソウゴが鏡の中のソウゴから渡された金色のライドウォッチを合わせることによって初めて変身が可能になりました。「II」の名が示す通り胸から腰に掛けて付いている腕時計状の装甲や頭部の時計の針のようなアンテナも2つずつ追加され、文字通り2倍になったようなデザインが特徴的です。また、新たに基本形態のジオウの顔を模した時計の針型の剣「サイキョーギレード」を装備し、これに従来のジカンギレードを合体させた大型剣による一撃で倒せない存在とまで言われたアナザーリュウガを撃破する威力を見せました。武装以外でも驚くべき点はジオウIIになった事で時間を自由に巻き戻す事ができるようになり、敵の動きを予知して攻撃のタイミングを見切れるようになるなどチート的な能力を得た反面、時間を巻き戻すという超常的な力は同時に命を弄ぶのに近く、ソウゴがオーマジオウになるのは避けられない事実を突きつけられたゲイツとツクヨミがソウゴの元を離れるきっかけになった諸刃の剣のような力となってしまいました。

まとめ

平成仮面ライダーの節目に相応しい作品が登場したと衝撃を受けました。ファーストモードからの「2」へのパワーアップ。まずはそのフォルムですが、マスクの二本の時計の針の回転に依って時間の流れを読む能力。非常にわかりやすいギミックでありながらジオウが「時王」である事をビジュアルでバッチリ感じ取れる点がとても素晴らしいと思います。初見で誰もが感じたであろう、顔面に文字が描かれたデザインの違和感もこの辺りのギミックに依ってすっかり払拭された感があります。そして全体のシルエットがコートか短めのマントを羽織った様なビジュアルに変わり、「ウィザード」や戦隊シリーズの「ゴーカイジャー」に見られるミステリアスで男っぽい印象になった点もバージョンアップ感をより増していると思います。「時間」が物語の重要なテーマの中、ジオウの「アナログウォッチ」ゲイツの「デジタルウォッチ」そして新参の白ウォズの「ウェアラブルデバイス」とそれぞれの個性を特徴付けるデザインが、変身シーンの中にも組み込まれていますが、ジオウの「アナログ感」には「時を刻む」というデジタル化された近年のハードウェアからは感じられない、人間が本来持っている時間の経過に対する様々な思いが垣間見れます。ボディのデザインに見られるアナログウォッチのベルト様の装飾も、時計のベルトを交換して違った雰囲気の新しい物に生まれ変わる様に、更なるジオウのバージョンアップを期待させる、非常に斬新かつ秀逸なデザインだと思います。