バラエティ

宇宙プロジェクト/2019/見逃した配信/無料視聴キンプリ岸&井ノ原快彦

宇宙プロジェクト2019見逃した配信/無料視聴キンプリ岸&井ノ原快彦

 

2019年3月13日20時からTBS系列で『宇宙プロジェクト2019』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

宇宙プロジェクト2019
 

宇宙プロジェクト2019 /番組内容

 

1969年にアポロ11号が着陸に成功して50年。今、民間による月面旅行計画やNASAの有人火星探査計画が発表されるなど、遠い宇宙は今や行くことができる場所!私たちも宇宙に行ける時代がやってくる!番組では、地球を離れ、月、火星、天の川銀河、そして宇宙の果てへと旅しながら、宇宙の神秘、絶景、そして命をかけて「宇宙の旅」に挑んだ先人たちの知られざる真実に迫ります。
あわや月激突!?アポロ50年目の真相
人類初、月面に降り立ったアポロ11号のアームストロング船長。なぜ彼は命がけのミッションに挑んだのか?そして歴史に名を残すことになったのか? 愛娘、そして親友の死…悲しみを乗り越え、未来を切り開いた「ファーストマン」に迫る。
井ノ原快彦が宇宙飛行士訓練に挑戦!NASAが本気の火星移住
井ノ原快彦がNASAも認めるスーパー女子高生アリッサを訪ねる。彼女は人類初の火星到達を目指し、すでに大学生向けの宇宙飛行士プログラムを修了、4か国語を習得。そんなアリッサと井ノ原はヒューストン宇宙センターへ。着々と進む火星探査と移住計画を目撃!
King & Prince岸優太が世界一の星空絶景を求めハワイ島へ!

 

宇宙プロジェクト2019 キャスト

 

MC:池上彰 井ノ原快彦 ゲスト(五十音順):岸優太(King & Prince) 大西卓哉(JAXA宇宙飛行士) 沢松奈生子 千原ジュニア 本田望結 専門家(五十音順): 渡部潤一(国立天文台副台長・教授) 協力:JAXA(宇宙航空研究開発機構) 国立天文台 NASA(アメリカ航空宇宙局)

 

宇宙プロジェクト2019見逃した配信時のチェックポイント

 

人間はなぜ?宇宙を目指すのかは、永遠のテーマだと思います。

地球上では、行ったことがない地域が沢山あるのにも関わらず宇宙を目指します。

地球の7割は海で出来ているのに、海は完全に無視して宇宙に行きたがります。

達成できることにあまり興味がないのも人間です。

宇宙に行くには、莫大な予算がないと達成できないのも事実です。ほとんどの人が諦めてしまう、宇宙ですがもしも夢が叶うなら、宇宙に行きたいと言う人がたくさんいます。

普段、体験できない無重力状態は、一度でいいので経験はしてみたいです。

慣れないことをするので、最初は手こずると思いますが、コツを掴むまでは時間が掛かりそうです。

無重力では体に負荷が掛からないので、腰痛などは起こらず、身長も少し伸びそうです。

燃料もそこまで掛からないと思いますが、必要ではあります。人間の体が進化して、宇宙人みたいになってしまうには月日が掛かります。

宇宙には問題点がたくさんあり、突破できるのは難しいと思います。

燃料不足で帰還できない、食料が底をつく、大気圏突入、放射能だらけ、成層圏など危険がいっぱいです。

それでも行きたがる人間は、宇宙から来た生物なのかと思いました。地球で誕生したと思われていたが、ルーツを辿ると宇宙人かもしれません。

 

実話はもかねた

ちょうど日本時間の2日に米宇宙ベンチャー・スペースXの無人ロケットがケネディ宇宙センターから国際宇宙ステーション(ISS)に向けて発射されたばかりですから。

上手くドッキング出来れば8日に大西洋に着水する予定です。

米国のISSへの有人飛行は2011年のスペースシャトル以来途絶えていますので、今回の実験が上手くいけば米航空宇宙局(NASA)は今年の夏にも有人で打ち上げる予定らしいです。

そして、まだ17歳の女子高校生が、お父さんの支援の下、火星探査に向けて着々と準備を進めていると聞いて、二重に驚きました。まだ高校生ながら、過酷な訓練を着々と進めているとありますが、もし私なら自分の娘(孫)にそんなことを絶対にさせ様とは思わないですし、たとえ、本人がやりたいと言っても絶対に止めるからです。

イノッチがそんな父からどんな覚悟の言葉を聞いてきたのか興味津々です。火星移住計画とは一体どんなものなのか、是非アリッサさんからもお父さんからも、NASAの担当者からも具体的に聞いてみたいものです。

たまたま、手元に3月2日発行の朝日新聞の付録のBeが有りますが、読者の行ってみたい太陽系の天体の中で、火星は月に次いで2位に入っています。SFや映画などで良く取り上げられる火星ですが、それは太陽系の惑星の中で地球の環境に最も近いからで、火星人の存在だとか色々な生物の存在の可能性も想像力を掻き立てます。

イノッチがアリッサが先陣を切って続く世代達に繋ぐと言ってますが、もしそういう未来が待っているのなら、本当に嬉しいことですね。ひるがえって、この地球上ではなんと’’細かな’ことで国同士が争っているのかと馬鹿らしくなってきます。

想像を膨らまさせて頂くと、万万が一、火星人というのがいて、彼らが地球を襲ってくるということがわかれば、ロシアだの、米国だの、インドだの中国だの全ての地球人が一丸となってそれに対処するでしょうから。イノッチの「宇宙プロジェクト」での詳報を心より待ちたいと思います。

まとめ

夢でしかなかった民間人による宇宙に行ける感じがより身近に感じられそうなテレビ番組なので、ぜひ見てみたいなと感じました。

宇宙や月なんかは身近ではないけれど、とてもロマンを感じますし、気になるところもたくさんあるのでこの番組をみて、もっと勉強してみようと感じることができると思います。

火星に行くこともできるとか夢のようなお話なのでとても気になります。実際に井ノ原快彦さんが、宇宙飛行士の訓練を体験したり、NASAまで行くとかとても気になりますし、アメリカの女子高生が火星に行くための勉強をしていたり、宇宙飛行士の訓練を受けていたり、何か国語も勉強しているとかとても気になる内容のお話がたくさん出てきそうなのでとても楽しみにしています。

宇宙や月などには、全然詳しくはないのですがとても興味はあるので早く見てみたいなと思いました。

この番組を見ることにより、今までよりかは身近に宇宙の事を感じることができるのではないのかなと思います。

井ノ原快彦さんも訓練をしているみたいなので、とても気になります。子供から大人も楽しめそうな番組なので早く見てみたいなと思っております。月や火星のことがもっと詳しく知れることはとても嬉しく感じます。