未分類

テコ入れマイスター/動画/3月21日無料/再放送視聴小島瑠璃子出演

テコ入れマイスター/動画/3月21日無料/再放送視聴小島瑠璃子出演

 

2019年3月21日23時59分から日本テレビ系列で『テコ入れ!マイスター』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

テコ入れマイスター/動画配信/
 

テコ入れ!マイスター /番組内容

 

若者の動物園離れ&フルーツ離れを防ぐ!神業ドローン衝撃フルーツ映像!究極アクロバティック動物園鬼ごっこ!超クール動物園ラップ!最強コスプレイヤーが奏でる果物音楽

 

テコ入れ!マイスター キャスト

 

進行
小島瑠璃子
ゲスト
ロバート秋山、みちょぱ、えなこ、ウエスP、ACE、monsterpk

 

テコ入れマイスター/3月21日/ストーリー性

 

若者離れが進んでいるものの1つが「動物園」というのが、正直びっくりしてしまいました。

最近はよくテレビの情報番組でも、レッサーパンダやアルパカやカピバラなどの人気動物が紹介されているのに、実際に足を運ぶ若者は意外にも少ないのですね。

そこでラッパーの方が、どのような方法で若者離れを食い止める技を披露してくれるのかは、非常に楽しみです。

今、ラッパー界は熱いですから、若者のハートもガッチリ掴んでいます。ただ、今ラッパー界で熱いのはディスりだったりします。

むしろ今回のテーマとは真逆のものが、若者のハートはガッチリ掴まれてるわけです。ディスりで動物園離れを防ぐとは予測しがたいので、どんな技を繰り出してきてくれるのかが楽しみです。今って話題になって情報が拡散されると、ものすごい大ヒットになったり、ものすごい人数の人が押し寄せたりしています。

なのでラッパーの方の技、それによっては実際効果が出そうなので大変興味がわきますね。「フルーツ」も若者離れが進んでいるのですね。

「食」に関しても情報が拡散されると、品切れ状態になることがよくあります。

「コスプレ」も若者は大好きな人多いと思うので、コスプレーヤーの方がどんな風に若者のハートを掴みにくるのか楽しみです。

テコ入れマイスター/動画配信/みどころ

若者離れが進む業界を、様々な分野の第一人者が斬新なアプローチでテコ入れしていくバラエティ番組です。司会はグラビアアイドルとして活躍し、現在ではハッキリとしたコメントで色々な番組に引っ張りだこの、こじるりこと小島瑠璃子さん、三人組お笑いトリオ・ロバートのメンバーで、様々な業界の架空の人物を演じるクリエイターズ・ファイルが話題の秋山竜次さん、派手目なルックスと、やや大人しめな性格のギャップが魅力の池田美優さんなどです。

今回若者離れが進んでいてテコ入れする分野は動物園で、アクロバティックな動きをするパルクールの日本一である、monsterpkというメンバーのTAISHIさんとKENICHIさんが、そこで様々な技を披露します。人気ラッパーでブラジルにルーツを持つACEさんは、動物をモチーフにしたラップを、芸人のウエスPさんは、キリンやサルとコラボする裸芸を披露します。

続く若者離れはフルーツで、今話題のドローンを操縦するドローンレーサーの高橋亨さんが高度なテクニックを駆使し、ドローンからの視点でフルーツを撮影します。コスプレイヤーのえなこさんは、フルーツのコスプレをし、食べる時の租借音を入れた動画を作成します。

これらの試みで若者離れが阻止できるのか、チャレンジ精神を応援したいと思います。

まとめ

テコ入れマイスター/動画/3月21日無料 【pandora】; 【 miomio】; 【9tsu】; 【dailymotion】

見れない時は

下記で(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

テコ入れマイスター/動画配信/
 

昨今、インターネットの動画投稿サイトへの違法アップロードが問題視されています。最近では政府も対策に乗り出し、違法アップロードの刑事罰対象化に乗り出しています。しかし、動画配信プラットフォーム側も対策を講じていないわけではないようです。Google傘下のYouTubeは、主にミュージックビデオ(MV)の違法アップロードなどに対して、広告収益をアップロードした人ではなく、正当な版権を持つ権利者に対して支払えるような仕組みを策定し、2018年の11月より日本でも「YouTubeMusic」のサービスをスタートさせました。YouTubeMusicは海外においてすでに発表されていたサービスですが、主に「BGMとしてYouTubeを利用できる」「有料プランの利用により広告無しで音楽を楽しめる」といったサービスになっています。実際利用してみると、一部の動画はYouTubeMusicの対象にはなっておらず、また公式のMVも対応がまちまちであり「使い勝手がいい」とは言い切れないのですが、動画内の音源再生による収益化の方法としては、非常に興味深い取り組みとなっています。今後、各プラットフォームがそれに近いサービスを提供できるようになれば、「違法アップロード」の定義が変化してくるのかもしれません。ただし、収益化の取り組みがあるからと行って現状、アップロードが違法でなくなるわけではないので、あくまでも暫定的な措置の意味合いも大きいかもしれません。